あなたは大丈夫!?抜け毛を促進する要因まとめ

ストレス
精神的ストレスによって毛細血管の収縮が頭皮で起こると、その血管の周りの毛母細胞に栄養が行き渡らなくなり毛母細胞を育てるのに十分な栄養を受け取るのに十分な栄養を受け取ることができず、毛がやせて脱毛してしまいます。急な環境の変化、仕事上のトラブル、家族内のトラブルなどによるストレスは、脱毛症を招きやすいといわれています。

タバコ
タバコに含まれるニコチンには毛細血管を収縮させる作用があります。毛母細胞が酸素と栄養素不足に陥り脱毛を促進してしまいます。
また、タバコによって体内に取り込まれた一酸化炭素は血中のヘモグロビンと結合してしまいます。ヘモグロビンは酸素と結合して酸素を細胞にはこぶ事が仕事ですから、一酸化炭素とヘモグロビンが結合することで、細胞は酸素不足になります。タバコを吸うと頭皮の毛母細胞が酸素と栄養素不足に陥り、脱毛を促進してしまいます。

偏った食生活
髪の99%はアミノ酸が結合してできたケラチンというタンパク質で出来ています。この中でも最も多いアミノ酸はシスチンと言い、これは体内でメチオニンという物質から作られます。メチオニンは体内で合成する事ができない必須アミノ酸で、食事から摂取しなければなりません。
メチオニンは卵・大豆・のり・マグロ・しらす干し・かつお・玄米・イモ類などに多く含まれます。また、ビタミン、ミネラルもタンパク質を代謝し、健康な髪を作るのに大変重要な栄養素です。食生活は健康な毛髪を保つのに、非常に重要なポイントです。偏った食生活や過激なダイエットは脱毛を早めてしまいます。

老化
年を取ると、毛母細胞の活動が低下して毛がだんだん細くなり、終いには脱毛を招きます。老化を完全に止めることはできませんが遅らせる事は可能です。
バランスの取れた食生活、充分な睡眠、適度な運動など、心と身体にとって健康的な生活は老化を遅らせる頭皮の若さを保つ秘訣でもあるのです。

頭皮環境の悪化(毛穴の詰まり、不適当なヘアケアなど)
毛穴が汚れで詰まると、毛母細胞が血液中の栄養を吸収するのを阻害してしまいます。また、シャンプー液やヘアケア用品が頭皮に残ったまま放置されると頭皮に湿疹を起こしたりして脱毛の原因になることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019/9/19

    台風が来る
    今晩わ!今日の営業も無事終了してホッとしてます( ◠‿◠ ) 週末に来る予定の台風の影響で…
  2. 2019/9/13

    大阪旅行
    連休を利用して同業者の先輩方と大阪旅行に行きました(╹◡╹) ほんの少しだけ 仕事を忘れて…
  3. 2019/9/6

    同業者の会
    おはようございます^_^昨日の台風の影響はありましたか? 夜になると雨風が強くなってきてました。 …
PAGE TOP