緊張型頭痛とは??緊張型頭痛の主な症状

慢性頭痛の中で一番多い緊張性頭痛。無理な姿勢や過度な緊張、ストレスなどが重なって起こると考えられています。

緊張性頭痛とは??

緊張性頭痛は、頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛みが30分~7日間続きます。よく「ヘルメットをかぶったような」と表現されます。
また、肩や首の強いコリ、めまい、ふらつき、全身のだるさなど伴うこともあります。子供から高齢者まで、どの年齢層でもみられ、ときどき頭痛がするタイプ(反復性緊張型頭痛)と毎日のように頭痛が続くタイプ(慢性緊張性頭痛)とがあります。

緊張型頭痛の主な症状
■頻度・・・同じような痛みが毎日起こる
■痛み方・・・頭全体がしめつけられるように痛む
■痛む場所・・・頭全体や後頭部や首筋
■家事や仕事・・・何とかできる
■動くと痛みはどうなる・・・痛みが軽くなる
■頭痛以外の症状・・・ふわふわしためまいや肩・首の「コリ」を伴う
■どうすると痛みが楽になる?・・・ストレッチやシャワーなどで温める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019/9/19

    台風が来る
    今晩わ!今日の営業も無事終了してホッとしてます( ◠‿◠ ) 週末に来る予定の台風の影響で…
  2. 2019/9/13

    大阪旅行
    連休を利用して同業者の先輩方と大阪旅行に行きました(╹◡╹) ほんの少しだけ 仕事を忘れて…
  3. 2019/9/6

    同業者の会
    おはようございます^_^昨日の台風の影響はありましたか? 夜になると雨風が強くなってきてました。 …
PAGE TOP